ビジネス

高品質なシナモンが魅力!津崎京子さんが注力する商品とは?|事業者インタビューvol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

もともと自然が好きで機能性のある植物に興味があったというネイチャープラネット株式会社の津崎京子さん(以下、津崎さん)。

津崎さんは、最初は広告関係のプランナーとして某シンクタンクで商品開発の仕事をしていましたが、同僚と起業。その後、羅漢果に出会い、紆余曲折ありつつつも自社ブランドとして羅漢果を商品化することになったそうです。

またその過程でもっと羅漢果の知識を深めたいと思い、中国人医師からのプライベートレッスンで中医学を学び、その中国人医師と国際中医薬膳塾をスタートさせ、自らも国際中医薬膳指導師として活動しております。

そして、元ハウスにいらした武政先生からスパイスを学びスパイコーディネーターの資格を取得されたとか。

今回は、そんな津崎さんの軌跡について、お話を伺うことができました。

 

高品質なシナモンを取り扱う

戸田)今、一番力をいれている新しい商品はスリランカ産のシナモンとお聞きしましたが、どうしてその高品質なシナモンを取り扱えるようになったのですか?

津崎)話せば長くなるのですが…(笑)

かいつまんでお話しすると、大好きな自然を活かした仕事をしたくて当時中国で他の商材を扱っていたのですが、いろいろな問題があって自由に出来ず、行き詰まっていたのですね。

そんな時プライベートで訪れたスリランカで生スパイスなどが面白いなと思い始め、何度も行くようになりました。次第に知り合いも増えお寺でいただいたシナモンティーの美味しさに驚いて…とても甘かったのです。市場で購入したこともあったのですが、そこで飲んだシナモンが一番美味しい。どこで作っているのか聞きましたらお寺さんの農園で作られているとのことで、親しい方だけにお分けしていると…。

山の奥の方で遠かったというのもありますが、何度も通って何度目かにやっと畑に連れて行ってもらえました(笑)

作り方も素朴で手作業で行われていて、なるほどこれが美味しさの秘密かと納得しました。そこで取り扱いさせてくださいと頼み込んだわけです。

戸田)今までそのお寺さんは日本人と取り引きしたことはあったのですか?

 津崎)お土産として差し上げたことはあったようなのですが、取り引きは初めてだったと思います。

戸田)スゴイですね!

いっそう商品価値が上がりますね!

スリランカのどの辺りなのでしょうか?

津崎)ちょうど高い山の南東の方だと思います。

仏教のお寺さんが昔から管理している自然栽培の農園になります。

戸田)そういった貴重なシナモンをどういった方に飲んでいただきたいですか?

津崎)シナモンって体を温めたり血管を強くする効果があるので、そういうお悩みをお持ちの方はもちろん、まずはゆったり楽しんで飲んでいただけるならどなたでも…と思います。特別な時間を美味しいシナモンティーでという感じで。

 

今後の展望

戸田)最後に津崎さんの今後の展望を教えてください。

津崎)自然や植物がとても好きなので、植物やその周りの環境、土壌や水などを仕事を通して守っていけたらなぁと思います。シナモンだけじゃなく、日本にもそういった自然栽培や無農薬のスパイスなんかがあるのではないかと思います。そういったものを探して取り扱いを増やして、自然派のセルフケアに役立つ商品や情報を提供していけたらと思います。

自然を愛し守りながらそれを活かして仕事にしてゆく津崎さん、ステキな活動と美味しく体に良いシナモンが広まるよう応援したいですね。

※シナモンティーはECサイトツクツク‼で購入できますので、興味のある方はぜひお試しくださいませ。

インタビュアー/文責: 戸田雅子

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください