星川さくらの日記

神社と花のある風景

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、星川さくらです。

元号が令和に変わり、ご朱印帳を求めて神社に参拝する方が多かったですね。

日本には本当に多くの神社がありますが、花の名所にもなってる神社もあります。

神社と桜、つつじ、紫陽花、紅葉のように、神社と花の風景は、日本ならではですよね。風情があり四季を感じます。

まもなく紫陽花の季節となりますが、文京区にある白山神社の紫陽花は、見応えがありとても綺麗です。

6月8日(土)~16日(日)に文京あじさいまつりが開催され、約3,000株の色鮮やかな紫陽花が、白山神社の境内から白山公園にかけて咲き誇ります。また、来月は紫陽花だけではなく花菖蒲も見頃になりますね。

紫陽花に比べると見頃が短いですが、どちらも雨に似合う花です。明治神宮の花菖蒲はオススメです。菖蒲園には、約150種、1,500株の花菖蒲が綺麗に咲いています。

正直、花菖蒲には興味がなかったのですが、緑に囲まれた中にある花菖蒲は色鮮やかで美しく感動しました。他にも池に水連も咲いていて、初夏の花が一緒に楽しめます。

ちなみに、神社で雨が降るのは縁起が良く、お祓いの効果もあるそうです。
晴れた方が出かけやすいですが、雨の日ならではの楽しみ方もありますね。

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください