ブックレビュー

アラフィフ世代必見!コロナ禍だからこそ考える健康とダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2020年から流行している新型コロナウイルスは未だに猛威を振るい、私たちの健康を脅かそうとしています。そのため、自分自身のことはもちろん、家族や大切な人の健康にも気をつかう人が増えたはずです。とりわけアラフィフ世代は、子どもと親のダブルケアをされている人も多く、なおさら健康に対する意識が高いでしょう。

この記事では、アラフィフ世代の人がこれからの健康を考える上で、取り組みやすい健康法を書籍:4ヶ月で12キロの減量に成功した中高年の「100歳まで生きる」筋トレダイエット(著:植田あきら)の感想を中心にお伝えします。

人生百年時代だからこそ考えるこれからの健康

大手企業の管理職を務める植田あきらさんは、自身が健康診断で太り気味だったことから、一念発起してダイエットをすることにしました。すると、思いのほか効果があり、心身ともに健康であることで得られる幸福感を味わうことを実感したのです。

そのため、自分の実践した健康法を周りの人にもシェアしたい!という想いから電子書籍を出版!植田さんの本は発売から2年ほど経ちますが、医学博士のお墨付きもある健康法とあって、今でも根強く売れています。

そして今回、本を読んでくださった方から感想もいただくことができましたので、ご紹介させていただきます。

読者アンケートの回答(一部ネタバレあり)

読者様:Mさん・40代女性

※読者様の言葉を尊重して、原文のまま表示しております。

1.本を読んでどんな気持ちになりましたか?

kaoleft

筋トレに年齢制限はない!筋肉を動かすことで、気持ちも前向きになれるという気づきになります。自分にはできないと決めつけず、「まずやってみよう」と意識を変えることの大切さを感じました。

2.本を閉じた後、何かしら行動しようと思いましたか?

kaoleft

筋トレのストイックなイメージを壊したいと思います。年齢を重ねるほど、筋トレは自分の生活とは遠くなっていきます。特に中高年の方に向けて「何歳からでも筋肉はつけられる」ことを伝えたいです。この本で筋トレの固定概念が覆され、「わたしも運動ができるかも?」と、身体を動かすモチベーションを上げるきっかけ作りができればと思います。

3.本の内容について良かったことは何ですか?

kaoleft

わずか10分で「すぐに実践できるダイエットのコツ」が分かること。まずは無理をせず、自分を客観的に見ることが、ダイエットに必要だという基本を教えてくれます。身体と相談しながら続ける運動と、極端に走らずバランス重視の食事を実践すること、そしてそれを継続していくことの大切さが、筆者の経験から伝わってきます。運動も食事も、「ほどほど」であることと、楽しむことが、続けていくために必要だと感じました。

4.本の内容について残念なところはありましたか?

kaoleft

バランスの良い食事の内容をもう少し掘り下げてご紹介いただけると、もっと読みごたえが出て、内容が充実すると思います。

5.本はどんな方におすすめだと思いましたか?

kaoleft

タイトルがそのまま表しています!「中高年・メタボ気味・運動習慣がない・食習慣を見直したい」と思う人はぜひ読んでいただきたいです。また、体型に悩むご家族がいる方にもおすすめです。

おわりにーー

Mさん、この度は読者アンケートにご協力いただきありがとうございます。

植田さんの著書は、文字通り、ご本人と同じく中高年の方にオススメしたい一冊です。今やダイエットは色々な方法がありますので、自分に見合った方法で実践することが大切ですが、有言実行した植田さんの本には説得力があります。

体重を落としたい、お腹を凹ませたい、内臓を綺麗にしたい・・・と思う方はぜひ一度、本書をお読みいただき、植田さんの実践したダイエットをお試しくださいませ。

植田さんの本を読む

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください