ブックレビュー

デキる店長は実践している!飲食チェーンの売上を120%伸ばすスタッフ教育の極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは、星川さくらです。

このブログでは、 私が旅行にいくときや カフェでくつろいでいるとき、よく読む本の感想を 書きつづっていきます。

今回ご紹介するのは、

出張すし職人の 宮本けんこうさんが店舗運営のためのスタッフ教育について、情熱あふれる想いと究極のテクニックを伝える「デキる店長は実践している!
飲食チェーンの売上を120%伸ばすスタッフ教育の極意」です!

「スタッフ教育の極意」ということで、もちろん会社の上司や管理職など、リーダーの立場の方にぜひ読んでいただきたい良書です。この極意を素直に実践することで、お店や会社が好転するきっかけになると思います。

著者はすでに独立されていますが、大手飲食店で店長をしていたエピソードを元につづられています。大変な現場を経験されたからこそ、伝えられる内容だと思います。著者が試行錯誤していく中、ちょっとした手間やコツを実践することで、スタッフの成長やお店の発展へとつながりました。

また、立場は違いますが、共感できることや学ぶことが多く「笑顔」と「行動」することの大切さを感じました。

著書が何度も語っていた「笑顔」。笑顔は連鎖して多くの「幸せ」を導きます。
何事もうまくいくと笑顔になりますが、まず自分が笑顔でいることで、自然と周りの人の笑顔を引き出すんですね。

そして、当然行動しなければ何も変わらないですよね。思っていてもなかなか行動できないこともあると思いますが、行動することで見えてくる世界も変わります。

また逆境にたったとき、どう捉えるかどんな行動をするかが大事だと思います。
「継続すること、あきらめないこと」をなくして、成長や成功はないですし、大切なことを気づかせてくれた本です。

スタッフ教育に欠かせない笑顔と数字!

出張料理人として活躍する宮本けんこうさんが、寿司チェーンの店長時代に経験したスタッフ教育の大切さを1冊の本に凝縮。ここまでやるから売上が大きく伸びるし、プロとしても認められる!そんな情熱のメソッドをぜひ体感してください。


宮本けんこうさんの本を読む

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください