矢島真沙子

60歳からのアンチエイジング!若さの秘訣は「歌」にあり!歌う力でより若く

  • LINEで送る

60歳になると、多くの人が第二の人生を送る段階を迎えます。このタイミングで考えるのは、いかに今後も健康で、ハリのある生活を送りながら、社会とつながり続けていくかということ。

いつまでも若々しくありながら、周囲に迷惑をかけずに過ごしたいと思うことでしょう。

加齢のスピードを遅らせて、心身ともに若さを保つアンチエイジングは第二の人生を送るためのキーワードです。アンチエイジングのポイントは、脳と体を刺激する「歌」にあります。

▼目次

  • 1.繰り返す歌は記憶に残る
  • 2.歌のツマリ解消効果1「体の中と心を整える」
  • 3.歌のツマリ解消効果2「見た目が変わる」
  • 4.昔の歌で体と心の「大掃除」
  • 5.おわりに
  • 1.繰り返す歌は記憶に残る

    「みんなで校歌を歌おう!」中学校の同窓会に参加したときのことです。司会から当時の校歌を歌うという提案に私は戸惑いました。なぜなら、中学校時代の校歌は20年以上も歌っていないからです。

    どんな歌詞だったか、メロディーだったかも思い出せないので、歌えるわけがありません。しかし、曲が流れると、不思議なことに自然と頭に歌詞や曲調が浮かび、最後まで歌うことができました。

    何十年という空白の期間を飛び越えて、過去の歌が頭で再生されたことに驚きました。

    昔の流行り曲についても同じことが言えるのかと思います。過去に流行った歌は、しばらく聴いていないと忘れてしまうようですが、実は長いブランクがあっても、なぜか聴いた瞬間にぱっと思い出すことができてしまいます。 

    校歌も流行の曲も、特に意識して覚えようとしていたわけではありません。ただ共通するのは「耳にして・声に出す」を繰り返したこと。

    校歌は学校の式典で歌う習慣があり、何度も歌うよう指導されました。また、その時代の流行り曲は、テレビ番組や街中で頻繁に流れていたので、あらゆる場所で耳にしていました。

    友人とカラオケで歌う機会も多かったので、いつのまにか頭に残ったのだと思います。

    そこで私は、「繰り返し発声する」ことが脳の活性化になり、アンチエイジングにも効果があるのではないかと気がつきました。

    2.歌のツマリ解消効果1「体の中と心を整える」

    繰り返し歌うことは、脳のツマリを解消します。体がスムーズに動くためには、エネルギーを運ぶ血液が、滞りなく全身を循環していること。

    60歳を過ぎると、脳血管のツマリが原因の病気が多くなりますが、このツマリのない状態を作ることが、アンチエイジングへの近道です。

    歌のアンチエイジング効果には、体の中と心の活性化があります。例えば、歌う時はいつもより深い呼吸をします。のどに負担をかけないのと、声を大きく出すために腹式呼吸をするからです。

    腹式呼吸で酸素を多く体に取り込めば、血流が良くなります。その結果、血管のツマリがなくなり、内臓機能が上がるので、病気にかかりにくい体質に変わることができます。

    また、心の面では、ストレス解消の要素があります。鼻歌を歌っただけで「何だかスッキリしたな」と、楽しく爽快な気分になったことはありませんか?

    年齢を重ねるごとに、将来のことを考えて悩むことが多くなりますが、歌うことでストレスを発散すれば、「心のツマリ」を取り去ることができます。声を出して歌い、楽しいという経験を積み重ねることで、日々の生活が充実してくると思うのです。

    3.歌のツマリ解消効果2「見た目が変わる」

    歌うことのアンチエイジング効果は、体の内側と心の活性化だけではありません。外から見た姿そのものも、実年齢より若くなることが可能です。外見の面でも「ツマリ解消」が大切です。 

    加齢と聞いてイメージする顔の「しわ・たるみ」。鏡を見るたびに、見た目のアンチエイジングが気になります。

    しわやたるみの原因は、顔の筋肉を使わなくなること、加齢によって皮膚が重力で下がることですが、歌うことそのものが顔のアンチエイジング対策になるような気がします。

    確かに、実際に歌ってみると、顔全体の筋肉をしっかり使っていることが分かります。口角を上げて、表情豊かに声を出すことで、下がっていた頬がしっかり上下に動いている感覚に気がつくことでしょう。

    肌に刺激を与えればハリが出てくるので、年齢よりも若々しく見られるようになるのです。

    そして、歌うからには「キレイに発声したい」と、立ち姿にも意識がいきます。

    声を届かせるために、まっすぐ前を向くことで、自然ときれいな姿勢に変わってきます。姿勢を正していると、お腹と背中の筋肉に力を入れるので、体全体も引きしまります。

    ぴんと伸びた背筋は、年齢を感じさせない美しさ、若々しさを印象づけてくれるように思いませんか?

    外見のアンチエイジングには、筋肉のツマリを動かし、ほぐすこと。全身の流れが良くなり、見た目からアンチエイジングを叶えることができます。

    4.昔の歌で体と心の「大掃除」

    アンチエイジングとは、体と心のツマリをなくす「大掃除」を常に行っていることです。

    激しい運動をしなくても、高価な化粧品を買ったりする必要はありません。

    幼いころから始まり、小中学校の授業では当たり前のように行っていた歌には、実は心身を蘇らせる「大掃除」の要素がたくさん含まれているのです。

    音痴だし…、今さら歌なんて恥ずかしい…と思わずに、慣れ親しんだ歌を思い出すことから始めてみませんか?

    5.おわりにーー

    日本人の平均寿命は約80歳と言われています。しかし、実際に60歳を過ぎてからの数十年、自分の力で充実した日々を送れる人はどのくらいいるのでしょうか。

    第二のステージに立ったときに考える「アンチエイジング」。アンチエイジング対策に、絶対というものはありません。

    自分自身が楽しいと思えば、何でも良いと思います。中でも頭と体をバランスよく動かす歌は、特別な知識も体力も必要ないアンチエイジング対策です。歌うことで記憶を呼びもどし、楽しみながらアンチエイジングを叶えてほしいと思います。

    コメントを残す

    *

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください